勤め先のネットワークが望ましくなかった

クリニック商売で看護師を行っていますが、前から感じていたことがあります。それは現場のコミュニティーがひどい状況が続いていて、業を辞めたいという情緒が高くなってきました。仕事内容は外来商売なので一般的なサラリーマンと同じような勤務時間で、一段と貰っているお給与もくれぐれも悪くはないのですが、とりあえずコミュニティーには悩まされている状態です。医者と看護師、そうして看護師同士であっても異変が多く、私は関係のない会社であっても揉めて要る状況がまぶたに入ってしまうことが多々あります。いかなる仕事をする上でも、コミュニティーは非常に大切な意図を持っているという常日頃から感じていて、辞めたい情緒を統べることができない実態だ。正にこういう現場では退社パーセントが一般的なクリニックよりも高い傾向にあって、私は駆け出しくんが入ると注意を行うシチュエーションもありましたが、たえず辞めないように配慮して適応を通してきました。でも退社パーセントを押し下げることができない状態で、とうとう私までキャリアを考えることになったわけです。35歳なので少し看護師として業を続けられる年ゆえに、失敗しない新天地を探している最中です。次の現場はコミュニティーを優先させて、とことん流れの良いクリニックで仕事をすることを望んでいらっしゃる。